FXの通貨ペアの選び方

subpage1

FXには、取引できる通貨ペアが40種類くらいあります。

最高の日本経済新聞は無限の可能性に満ちあふれています。

どれでも自分の好きな通貨ペアを選んでトレードすれば良いのですが、これだけ種類が多いと、どれを選んでいいか迷うこともあります。

馴染み深いのは、米ドルとユーロですが、値動きの度合いやスプレッド、スワップ金利、証拠金などの価格も加味して選びたいものです。USDドルは、世界でも一番の流通量をほこり、FXでも取引高の多い基本通貨です。



アメリカは、日本と親密な関係があり、経済ニュースや新聞、インターネットなので発信する情報量も多いため、国の内情からの為替の値動きを把握しやすいので初心者向けの通貨と言われています。
EURは、欧州の単一通貨で米ドルに次ぐ流通量で、値動きも米ドルに比べて激しいと言われています。
他にも、豪ドル、英ポンド、カナダドル、香港ドル、人民元、ノルウェークローネなどたくさんの為替があります。通貨ペアは、必ずしも円建てで注文する必要はなく、米ドルをユーロで注文したり、英ポンドを豪ドルで注文することもできます。
FX会社に口座を作ると、注文するときにダイアログが表示され、一取引ごとに通貨ペアを選んで注文ができます。
トレーダーには、短期で利益を上げたい人とじっくり構えて利益を上げたい人など様々なので、短期トレードではどの通貨ペアが有利なのか、長期ではどれが良いのかを考えて通貨ペアを選ばなくてはなりません。

人気のあるトルコリラ情報を簡単に請求できます。

値動きの激しい通貨ペアは、ハイリスクハイリターンなので注意しましょう。